テクノロジーの力で、もっと私らしく。

プログラミングの入り口にオススメの書籍5選

プログラミングの入り口にオススメの書籍5選

3/19(火)21:30-22:30、

地球市民塾とOMU共催の無料オンライン勉強会を行いました。

テーマは「プログラミング」。

小学校からプログラミングが必修になると聞いて、

漠然とした不安を抱えているママたちも多いのではないでしょうか?

昨日のオンライン勉強会では、

静岡やオンライン上でキッズプログラミングのお教室をされている中山久美子先生をゲストに、

漠然と不安なママを代表して私タナカミカ(OMU)がお話を伺いました。

中山先生からお話をいただく中で、参加者さんたちの中の「プログラミング」が

「漠然と不安なもの」から「楽しそうなこと!」に変わった瞬間がありました。

特にみなさんが興味を持たれていたのは

「ビスケット」というプログラミングソフトを中山先生が実演してくださったときです。

「プログラミング」というとアルファベットの羅列で難しいコードを書く難解なものだと思い込んでいた参加者さんたちも、

「これなら楽しそう!」とワクワクしていらっしゃいました。

中山先生はこのようにおっしゃっていました。

プログラミングは難しいものではなく、

自分の考えや世界を表現する手段のひとつです。

図工の絵の具やクレヨン、

音楽の楽器や歌にもうひとつ新しいツールが追加され、

子どもたちの世界がもっともっと広がっていくといいと思います。

 

プログラミングは「自分を表現する手段のひとつ」なのですね!

この表現に、非常に衝撃を受けました。

実はプログラミングの講座では、PCやタブレットを触るのではなく紙のワークを行うこともあるそうです。

この情報にも個人的には驚きました。

プログラミングの学びを通して子どもたちの身につくのは

デジタルデバイスのスキルだけではなく、

◆物事を順序だてて考える力

◆自分の考えを表現する力

◆不便なこと、困ったことを解決していく力

など、これからの時代を生き抜くのに必須の様々な力が育ちます。

学校現場でのプログラミング導入に際して

漠然とした不安を抱えているママたちも、

まずはプログラミングに少し触れてみてはいかがでしょうか?

少しでも体験すると、きっとプログラミングが楽しみになりますよ!

 

中山先生から、プログラミングに最初に触れるのにオススメの書籍をご紹介いただきました。

ご興味のある方はご覧ください!

①ルビィのぼうけん

https://amzn.to/2HtUIeu

②コンピューターとプログラミング

https://amzn.to/2TOCBGG

③はじめてのプログラミング

 https://amzn.to/2TVLeyd

④たのしいプログラミング ドリルの王様

 https://amzn.to/2TXwCOW

 https://amzn.to/2Y6TScI

 https://amzn.to/2HFitzr

⑤Scratchではじめる ときめきプログラミング

 https://amzn.to/2Y8vcAs

 

【オススメのプログラミングアプリ】

Viscuit

http://www.viscuit.com/

ScratchJr

 https://www.scratchjr.org/

 (PCではChromeの拡張機能として提供されています)

Scratch

 https://scratch.mit.edu/

 

【中山先生のプログラミング教室】

①キッズプログラミング(静岡)

 https://kids-programming.info/

 キッズプログラミング生徒の作品ご紹介(一部)

  https://scratch.mit.edu/studios/3981283/comments/

②おうちでコード(オンライン)

 https://ouchidecode.com

=============

勉強会にお申し込みいただいたみなさんの関心が特に大きかったプログラミング。

ご要望が多ければまた同様の会を設けさせていただきますので

ぜひ記事のコメント欄やFacebookページからご意見をお寄せくださいませ!

 

 


テクノロジー×学ぶカテゴリの最新記事